有名なED治療薬でも飲み合わせには注意が必要

ED治療薬として、有名なものの中には、併用禁忌薬があります併用禁忌薬とは、同じタイミングで医薬品を服用した場合には、その飲み合わせにより重大な副作用を招く可能性がある物のことを言います。健康を害するだけではなく、場合によっては死に至る可能性もありますので、ED治療薬を服用する場合には、飲み合わせに注意が必要です。
なお、病院で処方される場合には、このような飲み合わせに関する注意などを受ける事が多く、安心して服用することが出来ますが、個人輸入などで購入する場合には、このような説明がないままに使用してしまう事が多いため、特に注意が必要となります。
ED治療薬として、最も有名とも言えるものが「バイアグラ」ですが、バイアグラは塩酸アミオダロン製剤・硝酸剤と併用すると、過度に血圧を下げてしまう可能性がありますので、注意が必要です。硝酸剤は、飲み薬だけではなく、貼薬やスプレータイプ、注射などいくつかの種類がありますので、知らず知らずのうちに使用している場合もありますので、特に注意する必要があります。
また、薬を使用していないという場合でも、重い肝障害があるという場合やこれまでED治療薬を使用して何らかのアレルギー反応があったという場合、低血圧症や高血圧症である場合、脳梗塞や脳出血などの脳血管疾患がある場合などはED治療薬を使用することにより、健康を害する恐れがありますので、使用する前には必ず医師に相談し、使用の判断を仰ぐようにしましょう。
有名なED治療薬であっても、使用する人の体の状態によっては重大な副作用が出る可能性もありますので、注意が必要です。また、使用する前には、どのようなことを気をつけるべきなのかを確認するようにしましょう。